前へ
次へ

通販の支払い方法の違いと注意点

通販で欲しい物を購入した場合、かつては銀行振り込みや代引きが一般的な支払方法でした。特に代引きは注文した商品と引き換えにお金を支払うシステムなので、手軽に利用できる仕組みとして広く普及したことは間違いありません。代引きは集配業者が購入した本人からお金を回収し、そのお金を通販業者に支払います。そのため、手数料が割高になる欠点もありました。また、現金をやり取りするので計算間違いなどのトラブルが起こる可能性もあります。そのような理由から、現在では代引きではなくクレジットカード払いが主流になりました。クレジットカード払いは商品の購入手続きが完了した時点でカード会社の立て替え払いが成立します。商品を購入した人はカード会社に立て替え分の金額を支払う形になるので、通販業者との直接的な金銭のやり取りはありません。手軽なうえに金額の間違いも無いので利便性が高い方法と言えますが、その一方で安易な利用による返済金の高額化やカード情報の流出など、新しい形のトラブルが増加している点を無視することはできません。通販を利用する際は支払い方法の長所と短所を正しく理解し、自分に最適な方法を選ぶのが買い物を楽しむコツと言えます。

Page Top